テレワークやリモートオフィスについての情報満載!

テレワークのセキュリティ対策が心配なら家から出ちゃダメよ?テレスペ公開まであと16日

テレワークのセキュリティ対策が心配なら家から出ちゃダメよ?テレスペ公開まであと16日

テレスペ公開まであと16日ということでテレワークについて毎日記事を書いておりますが、今回はセキュリティのお話。

テレスペは7/31(金)に関係者向け公開、7/8(金)に一般公開を予定しておりますので、その2週間前にあたる今はとっても忙しく動き回っています。

利用者側として事前登録された方や企業さんとお話するときに必ず出る話題としてセキュリティー対策があります。

しかし、このセキュリティー対策はどうもフリーランス、スタートアップ、大企業など規模の違いによっても認識が変わりますし、会社の情報を社外に持ち出してはいけないなどそもそもの前提条件が異なっていました。

論点を整理しますので、夜更けのハイボールのお供として3分程度お付き合いください。

テレワークの場所

在宅ワーク逃避ワークスペース10選 テレスペ公開まであと17日

 

場所については昨日の記事でもまとめましたが、大きく分けると、以下3つに分けられます

・サテライトオフィス

・モバイルワーク

・在宅

この3つの場所それぞれでセキュリティーについて考えてみましょう。

サテライトオフィス

野村不動産のH1TWeWorkパスポートザイマックスのZXYオフィス東急のNewWork、などなど企業が法人契約して多拠点で使えるサテライトオフィスというものが存在します。サテライトオフィスとコワーキングスペースがどう違うのかというと、同じです。場所のことをコワーキングスペース、機能のことをサテライトオフィス呼ぶだけです。自社で10個オフィスを分散化してもサテライトオフィスですし、10個のコワーキングスペースと契約してもサテライトオフィスです。

分散化されたオフィス機能は全部サテライトオフィスなので、コワーキングスペースにサテライトオフィスを設置、みたいな日本語が成り立ちます。

みなさん都内を中心に数十件、ターミナル駅や郊外の主要駅にある感じですね。

例えば、西新井駅、五反野駅、梅島駅にはサテライトオフィスは一つもありませんが、北千住駅にはザイマックスのZXYオフィス、東急のNewWork、が1つずつあります。

自宅から歩けずに電車で移動するならもうサテライトじゃなく出社してもいい様な気もしますが。オフィスの分散化は今後急加速しますし企業のオフィス分散担当としては主要なサテライトオフィスと契約するのが楽でしょうから、企業の思惑、企業担当者の思惑としてはちょうどいい落とし所だと思います。

対人セキュリティーですが、法人契約がほとんどのはずなので来場者はある程度しっかりとした人だとわかります。例えば40社居たとして、その40社は反社チェックもされているでしょうし、来場者は個人の名前を出して使っているわけなので。そんなに機密情報を扱わなければ、後ろを通る人にみられない程度の配慮をすれば普通に仕事ができるかと思います。監視カメラもあるでしょうし。

回線セキュリティについても、法人契約を獲得する上では快適でかつ強固なセキュリティを持つ暗号化されたWi-Fiを使用しているはず。

紛失物や情報持ち出しという点では、シンクラ大好きな企業総務辺りがF社やI社やN社*2などとどうにかしているでしょうから大した問題ではなさそうです。

 

モバイルワーク

サテライトオフィスって「オフィス」なのでセキュリティはある程度しっかりしていますよね。

一方で、じゃあスタバで仕事をした場合のセキュリティはどうなのか、当然ながらサテライトオフィスでの仕事に比べると不安な面も多くあります。

まず対人セキュリティですが、そもそもスタバに来ている人はどこの誰だか追跡できません。あなたのパソコンを後ろからがっつり覗き見をして、何かのログインID/passを覗き見されてしまうかもしれませんし、それが判明して監視カメラなどで特定しても、それが誰なのかもわかりません。

もし、あなたが逆に産業スパイでどうにかして情報を得ようとしたら、ネット経由で強固なセキュリティを突破するよりも主要な人物の後をつけて覗き見しまくった方が効率は良さそうですよね。

カフェで重要なID/PASS入力するな、というリテラシーの問題もありそうですが。

 

回線セキュリティについては、スタバWi-Fi、スタバじゃなくても提供している施設のWi-Fiですが、教科書には街中にあるノラWi-Fiは通信が暗号化されていない可能性があり危険だ!と書いてありました。実際に、街中のWi-Fiは暗号化…してないでしょうね。。でももう令和なのでSSL(httpじゃなくhttpsって表示されるサイトです)でそもそも暗号化されているでしょうからフォームで送った内容をスパイに盗られるみたいなことはないでしょうし、そんなことを意図的にするなら隠しカメラで覗き見した方が楽ですしね。

自分がスパイなら、ぜひともメールを傍受して「なに?パスワードは次のメールで送ります?しまった!」などとアレに引っかかってみたいものです。

でも、そもそも大企業でセキュリティ気にする会社はコロナ前からWi-Fi配布してるはずなのであんまり気にする必要もない気がしますが。

紛失物や情報持ち出しという点では、大手はシンクラ!シンクラ!っと叫んでいて端末に大した情報は入っていないでしょうし、フリーランスやスタートアップもほぼ全てクラウドサービス使っていて端末には何も入っていないでしょうから、たいした問題ではないと思います。強いて言えば中小企業でいまでも、パソコンにインストールするソフトでワードとかパワポとかメールとかやってる人が多いらしいので、危ないかもです。

そう言えば先日ある企業の新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)に、リスク情報として、証券会社が書類紛失しちゃったてへぺろという微笑ましい事件がありましたが、紙はやばいかもですね。書類の置き忘れとか容易にありそうですし、自分が産業スパイなら2人組で一人がコーヒーぶっかけてその隙にもう一人が書類パクると思います。

でもこれってモバイルワークのリスクではなく、紙のリスクですか。

 

在宅ワーク

結論だけ言いますと、セキュリティ管理に自信がない大企業は在宅ワークだけOKにしている会社が多いです。サテライトオフィスもコワーキングスペースもモバイルワークも全部禁止。オフィスまたは在宅ワークのみOKだと。やっぱり在宅ワークってセキュリティ高いんです。

まず対人セキュリティですが、99%安全です。だって家ですもん。

奥さんが産業スパイの確率考えたら道歩いてて轢かれる方が確率高いでしょうし、一人暮らしだと猫の首輪に小型カメラとか考えるとZOOM付けっ放しでパンツ晒す方が確率高いと思います。

対人セキュリティ完璧です。独身男性が宅飲みやアバンチュールでハニートラップに引っかかって家を荒らされるリスクぐらいしか思いつきません。

回線セキュリティーも高いですね。大企業だと専用のWi-Fi持たされてますからそれ使えばいいですし、自宅の自分で契約しているWi-Fi自体も接続者は家族だけでしょうし。

自宅の回線セキュリティーよりも、社内システムへアクセスする際のパスワードを「半角英数字の大文字と小文字と数字を必ず含む」「パスワードは紙に書いたら死刑」など仕組みと研修でリテラシーを高める方を心配した方が良いような気もします。バブル入行組は金庫のパスワードを机の下に貼っておくって銀行員も言ってましたし、ご年配の方には在宅ワーク難しいのかもしれませんね。

紛失物や情報持ち出しは、もう良いでしょう。自宅に忘れ物って別になんのリスクもない。奥さんかルンパが捨てちゃうぐらいのリスクしかありませんし、そんなこと言い出したら電車にカバンを置き忘れる確率の方が高いかもしれません。

 

まとめ:

・どうも回線や端末のリスクよりも、ヒューマンエラーの方が危なそう

・ヒューマンエラーが出にくい場所かつ、出てもなんとかなるのは在宅ワーク

・ゼロリスクを信仰する年配の方が多い会社は在宅ワークだけを採用して生産性を犠牲にしたほう良く、成長したい会社は生産性向上のためにモバイルワークにもチャレンジ

 

なんでテレスペはモバイルワークを進めるの?

セキュリティー上在宅ワークが最高なら、テレスペもモバイルワーク用のスペース提供とかじゃなく、在宅ワーク用のSaaS事業でもやれば良いわけですが、我々はモバイルワークが好きなんです。

だってモバイルワークって、スマホ1台あれば、世界中いつでもどこでも働けるんですよ?

しかも、自分が集中して仕事をするときに在宅とか無理でしょう。

ベッドもテレビも猫も見えて、いつでも昼寝できるんですから。

書斎があれば良いんでしょうけど、日本の住環境的に書斎持ってるのは一部ですし、自分なんて2Fの住人からリモートワーク会議の声がうるさいって言われる程度のセキュリティ低い家に住んでます。

サテライトオフィスって会社の人がいるんですよね?だったらオフィス行きますわ。オフィスって仕事しやすいですし、自分あの「何真面目にやってるの?適度にさぼりなよ」空気が嫌いなので、やるならオフィスでやりたいし、気楽にやるなら会社に人に会いたくない。

モバイルワークって、会社の人はいないけど他人がたくさんいるのが、ちょうど仕事しやすいんです。

勉強するときに、無音よりもカフェの雑音がちょうど良いみたいな感じで、他人がいるのが心地いいんですよね。

目指している世界観はこれ↓なのです。世界中飛び回って仕事ができたら最高じゃないですか!https://note.com/arakens/n/n5b950a7922bc

 

そんなこんなで、テレスペ公開まであと16日

7/31(金)の関係者ローンチは事前登録者しか使えませんので、事前登録はこちらのウェブサイトからどうぞーhttps://telewor.com/ (httpsだ!!)

 

 

 

にゃんこ先生と一緒に

CTA-IMAGE 記事を読むだけじゃなく実際ににゃんこ先生とやりたいと言う方は、有料のマガジンを通じて一緒にやっていきましょう。Q&A付き。

テレスペカテゴリの最新記事